« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

今週のテツごはん 第3回 サンマのつみれごはん

背の青い魚は体にいい、とのことで、今回は『サンマのつみれごはん』
今まで何度も作ってますのでお手のもの♪
しかし、できるだけいろんな食材を食べさせたいのに、なんだか似通ってしまう…

Tetsu_blog908

【材料】
サンマ
キャベツ
豆腐
大根
人参
ごぼう
ごはん
ブロッコリースーパースプラウト
おろしショウガ少々

【作り方】
大根・人参は1cm角のサイコロ状に切り、30分ほど煮て柔らかくする

サンマは内臓と頭を取って3枚におろし、皮をむいて小骨を取り、1cmくらいに切る

キャベツは芯を取り、葉の部分は1/4に、芯は薄くスライスする

フードプロセッサーにサンマとキャベツを入れ、粗いすり身状にする
おろしショウガを加えてなめらかなすり身状にする

大根・人参の鍋にスプーンですくってすり身を入れ、沸騰したらあくを取る

ごぼうはささがきにし、何度か水にさらしてあくをとる

豆腐は1.5cm角に切る

鍋にごぼう、豆腐を加え、少し煮込んだら完成!
あげる前に温めて、冷ましておく

食べる30分ほど前にごはんをよそい煮汁と混ぜて冷ましておく
食べる直前に煮たものをごはんと混ぜ合わせ
ブロッコリースーパースプラウトなどをトッピング♪


今回は、味噌を入れれば人間用にもなる材料なので、おいしそうな匂いです~
いや、今までも人間用の材料で作ってはいたけど、匂い対策はしなかったから…
人間用なら大根、人参はいちょう切りにしましょう。
わんこは食器にへばりついて食べづらいから、違う切り方で2種類よく作りました。
私は、人間用はつみれに酒と醤油や味噌を入れます。
あと、キャベツじゃなくて玉ねぎとかネギですね。
何も入れないとモサモサして美味しくないので。
でも、入れすぎるとつみれが柔らかくなりすぎて壊れますのでご注意を!

Tetsu_blog909

Tetsu_blog910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

今週のテツごはん 第2回 マグロの血合いとエリンギの煮込みごはん

Tetsu_blog906

あり合わせではなくきちんと買ってきて作る初めてのごはん。
今回は、『マグロの血合いとエリンギの煮込みごはん』

【材料】
マグロの血合い
もやし
トマト
エリンギ
豆腐
大根
人参
ごはん
ブロッコリースーパースプラウト

【作り方】
大根・人参は1cm角のサイコロ状に切り、30分ほど煮て柔らかくする

大根・人参の鍋に十字に切れ目を入れたトマトを入れ、湯むきして1cm角に切る

マグロの血合いは骨や筋を取り、1.5cm角に切る

大根・人参の鍋にマグロを入れ、沸騰したらあくを取る

エリンギは石づきを切って1cm角に切る

豆腐は1.5cm角に切る

もやしは2cmくらいに切る

鍋にトマト、エリンギ、豆腐、もやしを加え、少し煮込んだら完成!
あげる前に温めて、冷ましておく

食べる30分ほど前にごはんをよそい煮汁と混ぜて冷ましておく
食べる直前に煮たものをごはんと混ぜ合わせ
ブロッコリースーパースプラウトなどをトッピング♪


前回の反省をふまえ、材料の種類は少なめにしたのだけれど、
マグロの血合いの量が多かった…そして生臭い~
まあ、てっちゃんは気にせず食べてくれるけどね。

Tetsu_blog907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

今週のテツごはん 第1回 とりささみのごった煮ごはん

肝臓の数値の高いテツ。
解毒のために、週1回でも手作り食にすると、
添加物が含まれていないため肝臓にいい、と書いてあったのを読んだため
とりあえず試験的に週末のみ手作りご飯にしてみることにしました。
毎日だとカロリーや栄養バランスが不安だし、
週末だけなら、多少バランスが崩れても大丈夫かなあと。

記念すべき初回は…『とりささみのごった煮ごはん』。。。
母がテツにって買ってきてくれたささみのゆでたのと、
バンバンジー用の胸肉のゆで汁があったので。
何を入れたか後からわかるように、レシピも載せておきます。

Tetsu_blog903

【材料】
とりささみ
とり胸肉ゆで汁(冷蔵庫で冷やし、固まった脂肪分をとったもの)
豆腐
大根
人参
ごぼう
キャベツ
しめじ
えのきたけ
干しシイタケ
ブロッコリー(ゆでたもの)
ひじき
あさり
ごはん

【作り方】
干しシイタケ、ひじきは水で戻しておく

砂抜きしたあさりを水から煮て、口が開いたら取出し、殻から外し4つに切っておく

大根・人参は1cm角のサイコロ状に切り、あさりの煮汁にとり胸肉ゆで汁をたし
30分ほど煮て柔らかくする

ゆでたとりささみを、一口大に切る

豆腐は1.5cm角に切る

キャベツは1cm角に切る

ごぼうはささがきにし、何度か水にさらしてあくをとる

ひじきを2cmくらいの長さに切る

干しシイタケは石づきを切って1cm角に切る

しめじは石づきを取ってほぐす

えのきたけは石づきを切って2cmくらいの長さに切る

大根・人参を煮ている鍋に、あさり、キャベツ、ごぼう、ひじき、干しシイタケ、
しめじ、えのきたけ、ブロッコリー、干しシイタケの戻し汁を加え、少し煮込んだら完成!
あげる前に温めて、冷ましておく

食べる30分ほど前にごはんをよそい煮汁と混ぜて冷ましておく
(そのまま冷ますとごはんかぴかぴになるので…)
食べる直前に煮たものをごはんと混ぜ合わせます♪
その時によりちょっとずつ違うものをトッピング。

さて、見た目はちょっとあれだけど…においもシイタケ臭いんだけど…お味は?

Tetsu_blog904

Tetsu_blog905
まあ、味なんか気にせず、ほとんど何でも食べますけど。

ちなみに、解毒に効くとされているのは、
豆腐、大根、人参、ごぼう、しめじ、干しシイタケ、ブロッコリー、ひじき、あさり
はい、いいといわれている食材であったものを入れ込みました

甲殻類は消化が悪いから与えてはいけない、と言われていましたが
高たんぱく低カロリーのいい食材とのこと。
慣れれば消化できるようになる、という記述も見たためあげてみました。
参考にしたわんわんシェフ見習い中にはプロの方のレシピもあり
貝やイカなどを使ったレシピが多数載っています。
わんシェフメンバーに登録すると、掲載されているレシピを
自分のわんこ用にグラム計算できるようになりますので便利ですよ。

一応それをもとに計算して作ってみたのですがすごい量で…
下痢、とはいかないまでもゆるくなってしまったので、
ごはんの量を減らしてちょうどいいくらいの量を探しているところです。
もともと、ドッグフードも記載されている量の半分くらいしかあげてないから
想定内ではありましたケド。

今まで、お玉1杯分くらいトッピングとして野菜とお肉や魚の煮たものはあげてたけど
全て手作り、というのは今回が初めてです。
でも、未消化で出てきた~!って感じではないのでしばらく続けてみます。
肝臓の数値、少しは下がるといいね。
次回血液検査は、10月のドッグドックの時になる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

テツの血液検査結果

行きつけのA動物病院で検査
ただ、正直なんで検査されたのか不明…

【血液検査】

検査項目 検査結果 参考値 備考
白血球数
WBC
8,900 /μl 6,000~17,000 感染などで増加
リンパ球
LYMPHO
/μl 1,000~4,800
好酸球
EOS
/μl 100~1,250
単球
MON
/μl 150~1,350
分葉核好中球
SEGS
/μl 3,000~11,500
稈状核好中球
BAND
/μl 0~30
赤血球数
RBC
806万 /μl 550~850万 貧血の指標
ヘモグロビン
HB
19.7 g/dl 12~18
ヘマトクリット値
PCV(HCT)
61 % 37~55
平均赤血球容積
MCV
75.7 fl 60~77
平均赤血球ヘモグロビン量
MCH
24.4 pg 19.5~24.5
平均赤血球ヘモグロビン濃度
MCHC
32.3 g/dl 32~36
血小板数
PLAT
38.5万 /μl 20~50万 少ないと止血しにくい
ナトリウム
NA
141 mmol/l 141~152 体液のイオン濃j度で、
脱水等の指標
カリウム
K
44 mmol/l 3.8~5.0
クロール
CL
108 mmol/l 102~117
血糖値(グルコース)
GLU
91 mg/dl 75~128 糖尿病で増加
総コレステロール
T-CHO
303 mg/dl 111~312 ホルモン異常で
増加することがある
血液尿素窒素
BUN
16 mg/dl 9.2~29.2 腎不全などで
高い値になる
クレアチニン
CRE
1.1 mg/dl 0.4~1.4
カルシウム
CA
mg/dl 9.3~12.1 腎疾患、
腫瘍性疾患の指標
総ビリルビン
T-BIL
mg/dl 0.1~0.5 肝臓障害で
高い値になる
アスパラギン酸アミノ基転移酵素
AST(GOT)
IU/l 17~44 肝臓障害の指標
アラニンアミノ基転移酵素
ALT(GPT)
70 IU/l 17~78
アルカリフォスファターゼ
ALP
455 IU/l 47~254 肝臓・胆管障害の指標
ある種の薬でも増加
総タンパク
TP
g/dl 5.0~7.2 栄養状態、
肝臓機能などの指標
アルブミン
ALB
4 g/dl 2.6~4.0
中性脂肪(トリグリセライド)
TG
mg/dl 30~133 ホルモン異常で
増加することがある
無機リン
P
mg/dl 1.9~5.0 腎疾患、
ホルモン疾患の指標
ガンマグルタミルトランスペプチダーゼ
GGT(γ-GTP)
mg/dl 5~14 胆汁うっ滞性疾患で
高い値になる

おしっこが臭かったので、また膀胱炎かなと、父に病院に連れて行ってもらいました。
仕事が終わってからでは受付が到底間に合わないので。
で、おそらく膀胱炎だろうと言われ、薬をもらってきて、
なくなったら再度連れてきてくださいと言われて連れて行ったのがこの日。
膀胱炎が治ったか検査するのに、血液検査はいらないんじゃ??

この日も父に連れて行ってもらったのですが、
帰ってきたら渡しておいた1万円じゃ足りなかったと言われました。
膀胱炎の疑いがあった日はそれで足りたのに、なぜ結果報告の日に足りないの!?
父は人の話をよく聞かない人なので、
病院でなぜ血液検査をしたのか聞いても、要領を得ない…
でも、個人的にこの日の血液検査はいらなかったんじゃないかと思ってしまいます。
2ヶ月前に検査してるし、今までの検査結果も全部持たせて
病院に行ってもらったのに。
検査のためにご飯抜きとかしていないので、比較もできないし。
おまけに、念のためあと3日お薬飲んで、終了でいいと言われたのに
気になるならもう一度採取してきてください、と言われ
尿採取キットまでもらってきていました。
それも当然、お金取られているよね…?
膀胱炎の検査って、細菌が繁殖しないように新鮮な尿が必要なのに、
素人が自分で採取した時間のたった尿でいいの??

そんなことがあったので、帰宅後自分で連れて行ける別の病院に
跛行が見られたときに連れて行ったのでした。
結果的には、それで良かったのでしょうね。
自分でちゃんと先生から話を聞けるし、
とても丁寧に診察してくれるから安心できるところだと見てわかったし。
これからはそちらをいきつけにしたいと思います。

ちなみにその病院、以前おさんぽ仲間から聞いた話だと、
「いい病院だけれど高い」との評判でした。
値段的には、前の病院と大差ないと思っています。
初めてだからか、跛行だ、と言っているのにさらっと全身検査してました。
歯も見て、「年の割にとてもきれいな歯だ、きちんと歯磨きしてますね」と
褒めていただきましたよ。
フジタ動物病院の藤田先生に手術していただいたと話したら
藤田先生のセミナーに参加したことがあるらしく、手術跡を興味深そうにみてました。
勉強熱心な感じが好感度UPです。
だからでしょうか、待合室はいつもにぎわっていて和やかで、
繁盛しているな、と感じました。
年も年ですから、あんまり病院のお世話にはなりたくないけれど
いい病院と巡り合えてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »